日々の事を書き貯めた「独白」
松本観光
朝何度目かの「ご飯だよ」で起きる。しっかりと朝食を頂くのは自宅にいるあたしでも久しぶり。納豆にご飯・味噌汁。半熟卵がまた美味。胡瓜の味噌漬の塩加減もGOOD。ご両親は用事があるので出かけられた。そして乙女達は残ったご飯でおにぎりを作り出かける。まずは松商学園、に行くはずがその手前のさの母校・県ヶ丘高校へ。裏好きの乙女達は昨日の善光寺に続き学校も裏から入る。部室とか合宿所があって、県立ではないようだ。自販機の缶ジュースも90円と安い。学校なんて何年ぶり?懐かしい匂いがした。そして白線流しの撮影でも使われた松商学園。こっちは私立!って感じ。構えが木造で立派だ。こりゃ野球以外にも力入れられるもんだ。そのままあがたの森へ歩く。とても広くベンチもいっぱいあり、弾き語りにはナイスな場所だ。重要文化財の旧松本学校なんかもあり素敵な趣だった。歩いているうちに松本城到着(笑)。天守閣の上まで登るも脚は既に棒の様(^^ゞしかし最上階から眺める景色は最高で風も気持ちよくまた苦労して降りるのが嫌になった(笑)。天守閣を降り民族博物館を見るとお腹が空いてきてベンチに座っておにぎりを食す。やっぱり朝ちゃんと食べたので、なかなかお腹が空かない。小休憩後、松本城記念撮影スポットでカメラに収め旧開智学校へ。昔の学校の歴史です。意外と面白くまた思ったよりも長居をする。外に出るとかなり疲れており、さが学生の時に行ったと言う甘味処・塩川へ。クリームあんみつを食べ生き返った(笑)。なんとも言えず美味。そのまま時計博物館を素通りし駅へ向かう。土産を物色してると結構いい時間になってしまい、荷物を取りにさの実家へ戻る。貴の花の相撲を見て、切っていただいた林檎とみかんをパックに入れて、駅までお母様に送っていただく。あまりゆっくりしたご挨拶も出来ずに、嵐の様にバタバタとご実家を後にした。本当に最後まで感謝です。ありがとうございました。
そして、乙女3人は、スーパーあずさ14号にて東京へと戻ったのでした。
いつも歩きっぱなしだけど、爆笑しつつ心と体によい旅ができる仲間達がいて本当にありがたい。また、観光(ライブ付)で神出鬼没で驚かしに行きましょう。もちろん観光がメインで。
- comments(0) trackbacks(1)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.bro-a.mods.jp/trackback/542
名古屋に帰る途中でちょっと休憩。 松本市内にある「塩川喫茶部」 なんとオープンは昭和8年 店内に1歩入るとまさに昭和にタイムスリップしたよう! 昔は喫茶店という呼び名はなくミルクホールと呼んでいたらしいです。 お店のおすすめは甘味もの、
| Eat and run ! | 2006/06/24 18:36 |
<< NEW | TOP | OLD>>